コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 自伝 > 専門学校時代・1
« 高校時代・3 | メイン | 専門学校・2 »
スポンサードリンク

専門学校時代・1

バイク

【専門学校・1】


福岡県での一人暮らしが始まった。

いよいよ、漫画を描くための勉強が始まる。
緊張する。

まず、どんな人達がクラスメイトなのかが、不安だった。

クラス全員が、漫画家になろうという人間だ。
もしかすると、クラス全員「オタク」なのかもしれない。
オタクに囲まれて2年間過ごさなければならないのか…?
そう思うと不安だったのだ。

しかし、クラスメイトは、意外に(?)普通の人達だった。(暗い人もいたけど…(笑))
おもしろい人もいたので、僕は楽しく学校生活をおくるようになった。
(高校時代とはまったく違う!(笑))


その中で一人、「ひろ」という友達ができた。
彼とは、1年の夏休みが終わったころから仲良くなって、その後、親友と呼べる仲にまでなった。

授業は、デッサン・イラストはもちろん、短い(1〜2ページの)漫画を描く授業、色彩の授業…など。
いろいろな授業があったので、正直おどろいた。


僕が1番好きだった授業は、「漫画シナリオ」の授業だ。

この授業…というか、この授業を教えていた「オカじぃ先生」に出会ったおかげで、僕の頭の中・考え方が、かなり変わった。
いや、まるっきり変わったと言っていいかもしれない。

「オカじぃ先生」との出会いは、僕の人生を一変してしまうものだった。
この言葉に誇張はない、と言っておこう。
ものすごい影響を受けた。

オカじぃ先生のシナリオ作りの基本は、「パクリ」だった。
いかにして、優れたストーリーをパクるか。
それを重点的に習った。

パクる…と言っても、盗作をするのではない。(当たり前だが…)
売れている漫画を例に出して、なぜ売れているのか?…ということを分析する。
分析したものから、読者(大衆)にウケる法則のようなものを導き出して、その、ウケる法則のようなものを「パクる」のだ。

「どんなに新しいことを考えついても、すでに誰かがやっている。」
というのが、オカじぃ先生の持論だ。

僕の大好きな「ドラゴンボール」も授業に出てきた。
ドラゴンボールの天下一武道会は、あらゆる漫画にパクられているらしく、オカじぃ先生は「天下一武道会方式」という名前をつけていた。

他にも、人がどういうときに笑ってしまうか…という「笑いの法則」というのも習った。
その授業はとても面白いもので、「なぜバナナの皮を踏んで他人がこけるのを見て笑ってしまうのか?」ということや、「赤ちゃんがいないいないばあで笑うのはなぜか?」ということなどを、理論として習ったりした。

そんな授業の数々は、僕にとって、とても新鮮な考え方だった。

僕は「オカじぃ先生」を尊敬してしまった。

だから、しょっちゅう先生の家にお酒を持って押しかけては、いろいろと質問を浴びせたり話を聞いたりしに行っていた。

夏休みが終わってから、なんと漫画クラスで行く海外旅行があった。
行き先は、サンフランシスコだ。

海外研修という名目で行くので、向こうでは、プロのイラストレーターの絵を見たり、アメリカの漫画ショップに行ったりもした。

…が、たいていは、町のど真ん中にバスから降ろされ、自由行動ばかりだった。
毎日。
毎日、自由行動。同じ場所で。
それなりに楽しいのだけど、これは果たして海外研修と言えるのかどうか、はなはだ疑問だった。


サンフランシスコでは、パントマイムの人たちがけっこういた。

体中、金色(もしくは銀色)に塗って、ポーズをとったまま動かない人やロボットのように踊る人などがいた。
文字通り頭のてっぺんから爪先まで、服も靴もめがねも金色なのだ!
そんな姿で止まっている人は、まるでよくできた彫刻のようだった。

僕はもちろん観光客らしく、パントマイムの人の前で、記念写真を撮った。(笑)

海外研修も終わり、年も明け、春休みが始まろうとしていた。
その時期には、進級・卒業製作展がある。

この時に、僕らのクラスは、みんなで1冊の漫画本を作った。

一人1作品漫画を描いて載せるのだけど、全員は描かなかった。
漫画を仕上げられない人は、間にイラストなんかを描くことになった。

自分の描いた作品が本になるというのは、なかなか新鮮だった。
セリフなどの字も、自分でフォントを決めて貼り付けたりした。
僕は「にんじんくんとトマトくん」という絵本っぽい漫画を描いていたので、それに合うかと思って少し丸みのある文字にしてみた。
僕なりの工夫だったのだが、それが良かったかどうかは分からない。(笑)


その製作展では、他のクラスも作品をいろいろ展示していた。

僕の通ったこの専門学校は、いろんな学部があったので、展示してある作品もたくさんあった。
クラスは、ゲームクリエイター・プログラム・シナリオ、グラフィックデザイン、イラストレーター、雑貨デザイン、フラワーデザイン、などなど、ありとあらゆる学部があったといってもいい。
他にも、音楽、スポーツ、ダンス、声優・ペット…など多数あった。

僕は当時(もちろん)彼女がいなかった。
彼女ができたことは、それまでの人生で、なかったのだし…。
そこで、お祭り的なその進級展で、可愛い子を探していた。(笑)

ひとり、可愛い子を見つけた!
…が、女の子を口説いたりなんか、僕にできるわけがなかった。
できないというか、本心を言えば、したくないだけなのだけど。
僕は、臆病者なのだ。

進級展が終わり、学校も春休みに入ろうとしていた。
友達の「ひろ」に応援してもらったりして、その女の子をデートに誘おうと、その子がいる教室に行った!

…り、戻ったりした。

何回も。(笑)
そして何日も。(笑)

しかし、何日目かは忘れたけれど、ついにその女の子に話しかけたのだ!
僕にしては、なかなかの大冒険だった。

「あの、えと、進級製作展でお見かけしましたけど、あの、可愛いなあと思って…」

よく覚えていないが、こんな感じで声をかけたはずだ。
そして、な、な、なんと!
電話番号を聞き出すことに成功したのだ!

何回か電話してから、デートに誘ってみた。
「キャナルシティ」というデパートのボスみたいなところに一緒にいくことになった。
一緒に行く…といっても、現地集合だったけど。(笑)

僕は、友達の「ひろ」に、
「この服装で大丈夫かな?」とか、「髪型このままでもいいかな?」とか聞いたりして、おどおどしながらだけど、デートの日に備えた。

デート当日。

僕は、待ち合わせ時間よりも30分以上早く目的地に行き、待っていた。
待っている間、ランダムでふき出す面白い噴水を見ていたので、待つことに対する退屈感はなかった。

女の子は少し遅れてきた。
…といっても、遅れたのは10分かそこらのものだけど。
道が混んでいて、バスが遅れたらしい。

そのデパートのボス・キャナルシティの中には、ありとあらゆるお店が入っているので、ぐるぐる回るだけで1日デートする分には十分だった。

僕は、スポーツ用品店でトレーニンググッツを使ってみたり、家具屋のベッドに横になってみたり、噴水に見とれたりした。

しかし、どうも女も子は、僕の行動に引いていた気がする。(笑)


ご飯を食べたり、プリクラを撮ったりして、デートは終わった。

悪くないデートだった…と、僕は勝手に思った。

…しかし、その女の子は、そうは思わなかったようだ。


その女の子には、それから毎日電話をしていたのだけれど、あまり反応は良くなかった。
しかも僕は話がうまいほうではないし、特に話すこともないので、電話はひたすら沈黙が続いた。

女の子に、「用がないなら、もう電話かけてこなくてもいいよ。」…と言われるのも、無理からぬことだった。
毎日電話したことも逆効果だったのではないだろうかと、今では思う。

そう言われてから、僕はその子に電話をかけていない。
ショックはショックだったけど、別に落ち込んだりはしなかった。
まだ僕の気持ちが、「好き」というレベルにまでいっていなかったからだろう。

そんなことがあってから、春休みに突入した。

ある日、スポーツ科クラスに所属している女の子が、バイクの後ろに乗せてくれないか、と言ってきた。
僕はそのころ、中型バイクに乗っていた。

その子は友達で、実家が同じ山口県だったので、春休みに帰るときに一緒に乗せて帰ってほしいと言ってきたのだ。

僕は、「いいけど…、寒いよ。」と答えた。


結局、2人でバイクに乗って帰ることになった。
5〜6時間かけて帰るのだが、寒い!

しかし、そのことで、その女の子とかなり仲良くなった。


その女の子には彼氏がいたのだけど、僕と仲良くなって、よく一緒に遊ぶようになった。

スケートボードなんかを二人で練習したりした。

そんな感じで春休みが終わり、僕は2年生になった。

僕はだんだん、その女の子の事が、好きになってきた。

そして、その女の子と僕は、その後…。

>>さあ、ドキドキの続きは、こちら!


« 高校時代・3 | メイン | 専門学校・2 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る