コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 自伝 > 高校時代・3
« 高校時代・2 | メイン | 専門学校時代・1 »
スポンサードリンク

高校時代・3

【高校時代・3】

ついに高校3年になった。

このころ、毎日毎日レスリングがしんどいので、早く部活を引退したい!…という思いが強かった。(笑)

今年も、新入生が入部してきた。

その中にひとり、すごく強いヤツがいた。

わざわざ広島から、レスリングの特待生で入ってきたヤツで、すでにレスリング経験者だったのだが、なんとそいつは、入部して1〜2ヶ月で僕より強くなった。
これまで僕がやってきた練習の意味は…。(泣)

その強い1年生は、体重が僕と同じ階級だったので、その後団体戦に僕が出ることは無くなった。
当たり前だが、スポーツは実力主義なのだ。

夏の初め、県の国体予選があった。
この試合に1位にならないと、これが最後の試合になる。

勝って全国大会に出たい気はもちろんある。
…けど、試合に負ければ、「早く引退できるからいいな。」という気持ちが全く無いといえばウソになる。
いや、かなりあった。

楽をしたいのだ。(笑)

けっきょく、負けた。
僕はそれほど強くないのだ。

夏休みに入ってすぐの合宿に出て、その後は夏休み中に1度も部活に行かなかった。

高校最後の夏休みは、家でゲームしたり、友達とプールに行ったりして過ごした。
久しぶりに自由を満喫できた感じだった。
青春だなぁ…。

高校3年生になると、進路を決めなければならない。

僕は、もう肉体労働はしたくないと思っていた。
レスリングをやってきて、肉体疲労にうんざりしていたからだ。

建築科で、父親も大工だったけど、そういった仕事はしたくないと思っていた。


そこで、僕は、常識破りなことを考えた。
考えた進路は、「漫画家」だ。

当時の僕は、「漫画家というのは体を動かさなくてもいいし、売れっ子になればすごく儲かるし、自分の好きなときに仕事ができる、すばらしい職業だ。」…と思っていた。(笑)
(実際の漫画家というのは、なかなか儲からない上に大変過酷な仕事である…ということを知るのは、まだまだ先のことだった。)

ノートや机に落書きするのは好きだったが、絵が特別うまいということでもない。
しかし、漫画の専門学校に行けば何とかなるだろう…と思い、早くも決断してしまった。

漫画家になる…ということをかなり簡単に考えていた。

もうすぐ、高校を卒業することになる。
卒業すれば、地元を離れて一人暮らしだ。

僕はその前に、好きな子に告白をしようと思った。
友達に相談したりもした。

ある日、その子の帰り道に待ち伏せしたことがある。

夜になったころ、うす暗い路地で、どれくらいだろうか、1時間以上は立って待ち伏せていた。
危ない奴だ。
ストーカーというのは、僕のことかもしれない。(笑)


待った末に、その子は通った。
…が、一人ではなかった。

男の子と一緒に帰っていた。
…。
男の子と一緒に帰っていた。
……。
男の子と一緒に帰っていた。
………。

…告白するどころではない。

しかも、自転車通学だったので、一瞬で僕の前を通り過ぎていった。
チラッとこっちを見た気がした。
危ない奴と思われたかもしれない。

その一緒に帰っていた男の子が、彼氏であるかどうかはわからない。
僕の見立てでは、ただの友達のようだった。
(…そう思いたい…)

しかし、かなり落ち込んだ。

そのころ、レスリングを引退していたので、時間があった。
(時々は部活をしに行っていたが)
時間があったので、よく友達とスケボー(スケートボード)をして遊んでいた。
僕は上手ではなかったけど、なかなか楽しかった。

そのスケボー仲間に、好きな子のことを相談してみた。

すると、一人が、「電話してみろいーや」と言い出した。

僕は、無理だ、やめろ、と言ったが、そいつは聞く耳を持たなかった。
彼が言うには、
「このまんまじゃ、どうせ行動しないだろうから、この機会に行動するべきだ」 ということだった。

たしかに、僕はこのままだと、告白どころか、声をかけることもしないだろう。
その点では、なるほどと思った。

そこで彼は、自分の知り合いに電話をバンバンかけ始め、僕の好きな子の携帯番号を入手したのである。
わずか10〜20分程度で。

彼は、高校に行かずに、暴走族の頭をしていたので、いろいろと顔が利く…というか、知り合いが多いようだった。

そこまでしなくていいよ…と思ったけど、この行動力を見習わなければいけないのかもしれない、とも思った。
しかし、そこで彼は、とんでもないことをしでかすのだった。


なんと、あろうことか!
その場で僕の好きな子に電話をかけたのだ!


「もしもし、君の事を好きな奴がいるんだけど、友達になってあげてくれないかな。同じ中学校に通っていた奴で、君の1つ上、中学時代は柔道部に入っていた奴なんだけど…」
と。

僕が驚いたときには、もう電話をしていた。

知らない人から、急にこんな電話がかかってきたら、どうだろう。
僕でも、これだけは分かる。
絶対に、好印象ではない!

そんなことを思っていると、彼は僕に 「はい」 と電話をよこしてきたのだ。
おいおい、いったい何をしゃべればいいんだよ!


どうも、口調からして、その子は迷惑がっているようだった。
…当たり前だが。

僕は、少々パニック状態になってしまい、何をしゃべったかは覚えていない。
おそらく、たいしたことはしゃべっていないと思うが。

相手は、僕のことを知らなかったようだ。
当然か。
そして、このいきなりの電話で、決定的なほど嫌われたはずだ。

泣。。。

こうして、僕の恋は、あっさりと終わりを告げたのだった。
終わりと言っていいだろう。

電話をした彼は、彼なりに僕を慰めてくれたが、僕の方は、お前のせいだろ!と思った。
(何かしてあげようとしてくれたことは、ありがたいんだけどね)

しかし、それがただの八つ当たりなのだということは分かっていた。
彼が何かしてくれなければ、僕はどうせ何も行動しなかっただろうから。

そして、傷心を抱きながらも、高校を卒業し、福岡は博多にある、漫画の専門学校に入学するのでであった。


はたして、福岡では、どんな出会いが待っているのだろうか?

実は、僕の人生を変えてしまうような出会いが待っていたのであった…。

>>福岡での一人暮らしが始まる!続きはこちら!

« 高校時代・2 | メイン | 専門学校時代・1 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る