コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 自伝 > 高校時代・2
« 高校時代・1 | メイン | 高校時代・3 »
スポンサードリンク

高校時代・2

【高校時代・2】

レスリング部にも、後輩が入部してきたので、僕たちは、練習前の掃除などから解放された。
合宿のときも、洗濯や食事の準備はしなくてすむのだ。

楽になったので、たしかに嬉しかった。
でも、自動的に上の位になって喜ぶ人間がいる限りは、この年功序列の体制はなくならないのかもしれないな…とも思った。
先輩になったのは、自分の実力ではないのに、僕自身、自動的に(進入部員よりも)上の位になって、喜んでいるのだ。
(これじゃ成長が無いかも。反省!)

2年生にもなると、試合前には当然、減量がある。
「ツライ事」というのは、この減量(体重調整)のことである。


もちろん、1年生のときも減量はしていたけど、1年生のうちは、試合に勝ちに行こう!…というより、まずは試合に慣れよう!…という感じだった。
だから、そんなに体重制限に過敏ではなかった。

勝ちに行くことを考えるようになると、減量をすることになる。
僕の場合は、試合前になると、3〜5kgほど体重調整をするようになった。
(3kgくらいの減量だと、すぐ達成するのだが…)
すごい人は、8kg以上落とす人もいた。

僕の場合、だいたい、2週間くらいで減量をする。

すでに1年間レスリングをして、体は鍛えられ、引き締まっている。
落とすべき脂肪なんて、ほとんど無いのである。
それに加えて、栄養面の知識なんて、ほとんど無い。

僕は、試合のために減量するたびに、筋肉が減っていた。
ようするに、栄養学からすると、間違った減量の仕方をしていたわけだ。
(全国のダイエット志願者へ!マネしないようにね!(笑))

さて、減量するために、どんな方法を取っていたかというと…。


まず、食事制限。

体重を減らそうと思ったら、誰もが考えること…と思う。
先生は「食べて落とせ!」と言っていたけど、食べると体重が落ちない気がして、食べる量を極端に減らしていた。


それから、水分の制限。

実は、ほとんど水分で体重を落とすのだ。

無駄な脂肪があまり無い選手にとって、減量というのは、体の水分を減らすこととイコールと考えていい。
(もちろん、脂肪も落としてはいくけど、限界がある)
だからなのか、3kgくらいまではすぐに落ちるけど、それからはなかなか体重が減らなくなる。

空腹というのは、ある程度までいくと、慣れてしまう。
でも、水分を欲しがる欲求は、慣れない。
食べなくても平気だけど、飲まないとやってられないのだ!

減量中は、何キロカロリー食べたか、ということよりも、何グラム食べたか、ということの方を気にする。(僕の場合はそうだった)

スポーツドリンクなどの飲み物よりも、アイスキャンディーを口にしていた。
アイスキャンディーの方が、軽いわりに長く味わえるからである。(笑)
もちろん、全く飲まないわけにはいかないので、今日は何グラム(ミリリットル)飲もう、とかを決めて飲んでいた。
(ダイエット志願者!本当に、マネしちゃだめですよ!)

シャワーを浴びているときには、もう、水が飲みたくて飲みたくてたまらなくなる。
しかし、ガブガブ飲むわけにはいかない。
ガブガブ飲んだとしても、それくらいで体の水分がもどるわけないし、満足するわけもないのだ。

だから、シャワーを浴びながら、手のひらに付いた水(お湯)をまずブンブンとふりはらい、ふりはらった手のひらに付いているかすかな水滴を、吸う。
ズジュルルル…。
そんなことをしていた。(アブナイ人間だ〜(笑))

お風呂(湯船)に入るときは、たまったお湯を飲みたくてしかたがなかった。
(汚いお湯なのに…(笑))


そして、練習内容。

レスリング道場には、「ボイラー」と僕らが呼んでいるモノがある。
何かというと、冬の全校集会などで体育館に集まったときにお目にかかる、あのでっかいストーブのことだ。

試合前になると、道場の窓を締め切り、その「ボイラー」と呼ばれるでっかいストーブを燃やす。
室温を上げて、少しでも汗を出すためだ。
(さすがに夏場は使わないけど)
そうすると、道場の中は、ちょっとしたサウナ状態になる。
そのサウナ状態の中で、練習をするのだ。

試合が間近になってくると、減量をしている人は「まわし」というものをする。
1分間のスパーリングを連続でする、ただし、相手は1分ごとに変わっていく。
一人だけマットに入り、1分ごとに対戦相手だけ入れ替わるのだ。

この「まわし」は、めちゃめちゃツライ!
元気なときでさえしんどいのだ。
減量中だと、泣ける。
いや、マジで。(笑)
「もう、自分が消えて無くなりたい!」と思ってしまうほど、しんどい。

十分動いたら、服を上下たんまり着込んで、かるく動いたりする。
自分を追いこんで、激しく動いたりもする。

その後、壁に向かって、倒立をする。
手で体を支えてなんていられないので、頭で倒立する。(手は補助として使う)
壁にもたれているから、倒れたりはしない。

なぜ倒立するかというと、汗がいっぱい出るから。(…らしい)
実際にはかったことはないけど、確かに汗がたくさん出る気がする。

そんな感じで、練習する。


過激な減量をしている人は、そこでさらにこすってもらう。
こすってもらう…というのは、もはや疲労で動けないので、服を着込んだまま寝転がって、体を他の部員にゴシゴシこすってもらう。
乾布摩擦みたいに。

あったまるけど、果たして、これで本当に汗が出るのか、僕は知らない。
このままマッサージに移行して、体をほぐしてもらったりもする。


もちろん、練習前と練習後の体重は、ちゃんと記録しておく。
(体重の計測は、減量中でなくても必ず行う)

僕の場合、減量中は、「試合に勝とう!」という思いよりも、「試合が終わったら何を食べよう!」という思いのほうが、断然強い。(笑)
手段と目的をはきちがえている。
しかし、食べ物と飲み物のことで、頭がいっぱいなのだ!

夜寝るときは、暑くてなかなか寝られない。
水分が少なくて、汗をかかないから、体温が下がらないのではないか…と思っているけど、それが本当かどうかはわからない。

試合が終わると、一人でチョコレート・パフェを食べに行ったりしていた。
はっきり言って、最高!(笑)


試合後はメチャメチャ食べる。
…と、思ってはいる。
メチャメチャ食べる、食べてやる!という気構えはあるけど、なぜかあまり食べられない。
胃が小さくなっているのだろうか。

でも、1度でたくさんは食べられないとしても、満腹を超えて食べ続けることが続くので、すぐに体重が戻ってしまう。

激しい減量をしていた人は、1日で4〜5kg増える人もいる。
それだけ食べた…ということなんだけど、それだけ水分がなくなっていた…ということでもある。

ダイエット志願の方、絶対にマネしちゃいけませんよ!
危険ですから!(笑)

2年になってしんどかったのは、宿題が毎週出るようになったことだ。
これも「ツライ事」のひとつでもある。

建築科だった僕は、製図(家の設計図や断面図など)を描く宿題が出るようになった。
毎週。

平日は、7時ごろ部活が終わり、着替えて、12kmある自宅まで自転車をこいで帰るのだ。
家に帰ってくるのは、夜の9時くらいになる。

夜に帰ってきて、部活で疲労しているときに宿題をする気にはなれなかった。
だから、たいてい週末の夜中に、大好きなドラゴンボールのアニメを見ながら(聞きながら?)製図をカリカリ描いていた。

そんな感じで、高校生活は続いていた。
しだいに、毎日レスリングすることに慣れてきている、そんな自分がいることに気づいた。
(毎日しんどかったけど…(笑))


休日のある日、嬉しいことがあった。


なんと、偶然にあの子を見かけたのだ。
あの子というのは、もちろん僕の好きな子のことだ。

高校の制服を着ていた。
どうやら、近くの高校に通っているようだ。

僕は、あの子を見かけただけでハッピーな気持ちになった。
心だけは天を舞っていた。(笑)

しかし、いつものように眺めているだけで、その「出会い」の瞬間は終わった。
恋愛に関して、まったく行動力がない、情けない男なのだ。僕は。

しかし、高校3年生になって、ついに、ついに、僕も、アクションを起こすのだった…。

>>ドキドキの出来事とは!?続きはこちら!

« 高校時代・1 | メイン | 高校時代・3 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る