コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 自伝 > 中学時代・2
« 中学時代・1 | メイン | 中学時代・3 »
スポンサードリンク

中学時代・2

【中学時代・2】

中1の3学期が終わって春休みになる前に、バスケットボール部を辞めて、柔道部に入部した。


柔道部に入ったのは、とてもいい選択だった。

仲のいい友達も増えた。

柔道なんて経験が無かったけど、僕にとっては、バスケットボールよりはるかに楽しかった。
1対1というのも、分かりやすくていい。

中2になって、柔道部にも後輩が入部してきた。

入部してきたばかりの後輩に、心がまずしい僕は(笑)、自分のすごいところを見せてやろうと、けっこう重いバーベルを頭上に持ち上げて見せた。

「ふん!」

…しかし、持ち上げたのはいいが、僕はそのまま勢いあまって、後ろに倒れてしまった。

がっしゃーん!

倒れた先にはガラス戸が…。

ガラスで右手の甲をザックリ切ってしまい、13針縫うことになってしまった。(泣)
すごいところを見せてやろうと思ったのに、救いようのない間抜けっぷりを披露してしまった。
「なんてバカな先輩なんだ。」と思ったことだろう。

痛いというより、恥ずかしくてしかたがなかった。

我が校の柔道部は弱小部だった。

3年生(1つ上の先輩)は2人しかいなかったし、顧問の先生は柔道ではなく体操の経験者だった。(その先生は体操で国体に出たほどの選手だったらしいが、当時、我が校には体操部が無かった)

同級生に一人、父親が柔道家で自宅に道場があるという人がいた。
彼は強かったが、僕を含む他の部員はたいして強くなかった。
…というよりも、まともに練習をしていなかった。…かも。(笑)

でも、楽しかった。

中2になって1番嬉しかったことは、他でもない。

あの大好きな女の子が入学してきたことだ。
(同じ地域の人は大抵この中学校に入学する)

遠くから眺めるだけだったが、それだけで幸せだった。

好きな女の子を遠くから眺める。
これこそ、片思いの醍醐味ではないだろうか!
(ストーカーだろうか…?)

そんなある日、心臓がバクンバクンしてしまうような出来事があった。

僕は歯医者に通っていた。
家の近所にある歯医者さんだ。

待合席で、治療が始まるのを(自分の名前が呼ばれるのを)待っていた。
(たしか、治療開始を待っていたときだったと記憶している。もしかすると、治療後の、支払いの呼び出しを待っているときだったかもしれない)

小さい歯医者で、待合席もベンチが2つだけ。
ギチギチに座っても、10人は無理だろう…という、せまい空間だった。

そこに、あろうことか、僕の好きな女の子がいたのである!

もう1度言う。言ってしまうよ!
僕の好きな女の子が、間近に、3m以内に、いたのである!!

他に患者さんはいなかった。

せまい待合席の空間で、存在するのは、僕とあの子だけ。
(カウンターごしに看護婦さん(?)はいたけど)

ここにいるのは、僕とあの子だけ!

もう、心臓バクバクです!

わかる?
わかるでしょ?
この僕の胸の高鳴りが!!(笑)

しかし、僕は度胸がない。
僕は、こんな状況なのに、2人っきりなのに、何もアクションを起こさなかった。
声すらかけなかったのだ。
(僕のバカバカ!)

僕がとった行動は、僕がその子のことに関心があることを知られないように、自然な感じを装いながら、漫画を読んでいたのだ。
どこの待合席にも本が置いてあるが、それを取って読んでいたのである。


漫画(ドラゴンボールの単行本だった)を開いて、漫画の方を見てはいた。
漫画の方を見てはいたけど、全く読んでなかった。

すぐ横に大好きな子がいるのだ、漫画を読んでいられるわけないじゃないか。(笑)
それがたとえ、大ファンのドラゴンボールだったとしても、だ。

漫画の開いたページに目を向けながら、視界のはしっこにいるその子の動向に、全意識を集中していた。(笑)


その子は、どうも何回かこちらをチラチラ見ているようだった。
「うぉおお!こっち見てるよ!」とか思って喜んでいた。

…が、考えてみたら当たり前だ。
ここにいるのは、その子以外には、僕しかいない。

手持ち無沙汰気味に、なんとなくこっちを見てしまうのは、普通のことだ。
しかし、その子の動きを感じながら、僕は一喜一憂していた。


とにかく意気地のない僕は、結局、最後まで行動を起こさなかった。
僕のバカ…。

あのとき、一言でも声をかけていれば…。

声をかけていれば…、友達になっていたかもしれない。
…いや、そこまでいかなくても、学校内で会ったときに挨拶を交わすくらいの仲くらいには、なっていたかもしれないのだ。

僕のバカ〜!(笑)

その後は、意気地のない自分に対して、自己嫌悪に陥りながらも、また、その子を遠くから眺める日々へと戻っていった。

しかし、そうやって遠くから眺めるだけで、幸せを感じてしまう僕なのであった。
情けなや〜。

>>いよいよ3年に進学!続きはこちら!


« 中学時代・1 | メイン | 中学時代・3 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る