コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 自伝 > 小学校時代・2
« 小学校時代・1 | メイン | 中学時代・1 »
スポンサードリンク

小学校時代・2

【小学校時代・2】

小6の夏休みが終わったころ、僕は、約1ヵ月後にある運動会の、赤組の応援団長に選ばれた。

なぜ選ばれたのかはわからない。
小学6年生ながら身長が170近くあった僕は(167cm)、他の小学生よりも存在感があったのかもしれない。
(その後はあまり伸びず、身長は中学3年でストップするのだが(笑))


僕の通っていた学校の運動会は、赤組と白組に分かれて点数を競い合う。
応援団は、5・6年生20〜30人くらいの男女で構成されていた。

その応援団にいた、1つ年下の女の子に、惚れてしまったのだ。

ただの一方的な片思いだが、ベタ惚れと言っていいと思う。
その子の事ばかり考えるようになった。

それからは、応援団の練習が、楽しみになった。
練習のときは、必ずその子に会えるからだ。

胸がおどるとはこのことだ。


しかし、少年の僕は、好きな女の子がいるということが、他の人に知られることを、極端に恥ずかしがっていた。
いや、恐れていた、と言った方が適切だろう。

だから、まわりの人にあやしまれないように、その子としゃべることも、ほとんどなかった。
…というか、しゃべったことは記憶にない…。
(なんてバカなんだ、僕は…)

それに加え、その子本人に、僕が好きだと知れたとき、もし拒絶されたら…。
という恐怖も、僕の中にあったのだろう。


そのぶん、応援団の団長として、練習で大声を張り上げたり、応援歌をガンガン歌ったりして、はりきった。
「あの子、見ていてくれるかな〜。」とか思いながら。(笑)

一人で他の教室に行き、みんなの前に立って、大声で応援歌を歌ったりもした。



運動会当日。

午前中は、あっという間に過ぎ去った。

昼ごはんを食べた後、どきどきしながらガクランに着替えた。
いよいよ、応援合戦の始まりだ。


ぁかぐみのぉぉぉぉお、しょーりをーぃのっってぇぇ〜!

フレェェェッ! フレェェェッ! あ〜か〜ぐ〜みっ!

さんっ さんっ なな びょおぉぉぉしっ!



…ものすごい声を張り上げた。
終わったあとには、ある種の満足感が得られるほど、声をふりしぼった。

練習のおかげか、時の運か、好きな子にいいカッコ見せようとはりきったからか(笑)、応援合戦では、我が赤組に、勝利の女神は微笑んだ。

みんなも僕も、おおいに喜んだ。

しかも、それだけではない。
運動会終了時、総合点数でも赤組が勝ったのである。

僕たち赤組応援団は、それはもう、猛烈に喜んだ。
(別に、我々応援団のおかげで勝ったわけではないのだが、やけに嬉しかった


閉会式では、団長の僕が、全校生徒の前で優勝旗を受け取った。
感動の嵐である。(少なくとも、僕自身は(笑))

「僕のあこがれの女の子、見てるかな〜」とか思いながら。(笑)

  
応援合戦・1 応援合戦・2
優勝旗

しかし、運動会が終わってからは、1学年ちがうその子と、間近に接する機会はなくなってしまった。
行動力も、意気地もない僕は、遠くから眺めるだけとなってしまった。

全校集会などで体育館に集まるときには、いつもキョロキョロして探していた。
(もちろん、他の人に知られないように…)

僕は、純情だったのだ。

「純情」というと聞こえはいいが、行動しないことの言い訳に過ぎないのだ。

「自分は純情だから、告白とかのアクションはしなくてもいいんだ。」
…そんな自分への言い訳を正当化しながら、少年の僕は生きていたのだと思う。




そして、月日は流れた。

僕はあの女の子への思いを胸に秘めたまま、小学校を卒業することになった。

これから始まる中学校生活はどんなものだろう、という不安もあったが、僕の心を1番悩ませていたのは、あの子から離れてしまう…という思いだった。

小学校という国から、中学校という国への移住。
僕にはそれくらい遠く感じた。

これから流れ着く中学校という国は、どんなところだろうか…?



>>中学時代に突入!続きはこちら!



« 小学校時代・1 | メイン | 中学時代・1 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る