コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 不思議なプチストーリー > ただようマリモ
« 長かった棒と溶けゆく氷 | メイン | 小学校時代・1 »
スポンサードリンク

ただようマリモ

【不思議なプチストーリー・29】 〜流れに身をゆだねることで生まれる安心感、そして、依存心〜 ただようマリモ
私はマリモ。


マリモは、動かない。
自分から動くということをしない。
いつも、まわりに身をゆだねている。

自分で動こうとしなくても、水の流れが、自分を動かしてくれる。

これはとっても楽だ。
肉体的にも、精神的にも。


自分の行きたいところへ流されたら、嬉しいことだ。
なぜなら、何の努力もしなくても、行きたいところにこられたのだから。

自分の行きたくないところへ流されても、大丈夫だ。
なぜなら、水の流れの“せい”にできるからだ。
自分の“せい”と思って、自分を責めることをしなくていいからだ。

自分が流されて、他の生き物にぶつかって迷惑をかけたとしても、気に病むことはない。
なぜなら、水の流れの“せい”だと言い逃れできるからだ。
自分は、ただただ流されてきた“無力なもの”なのです、と謝り、へつらい、同情を引くことができるからだ。


だからこそ、安心できる。
どこに流れても、自分は守られるのだ。
安心できる。
肉体的にも、精神的にも。


だけど、あるとき、なぜか、ふと思った。

もう、こんなことは、やめたほうがいいのかもしれない。
終わりにしたほうがいいのかもしれない。

と。

なぜそう思ったのかは、わからない。
水の流れが、怒って、激しい水流に巻き込んできたからかもしれない。
最近、行きたくないところにばかり流されることが多いからかもしれない。

なぜかは分からないけれど、そう思った。


でも、やめられない。
流れに身をまかすことが、どうしても、やめられない。


自分で動くことが、怖い。

自分で努力して動いてみて、失敗して変なところに行ってしまうのが、怖い。
他の生き物にぶつかって迷惑をかけてしまったとき、怒られたり嫌われたりすることが、怖い。
責任をなすりつける第3者がいなくなることが、怖い。
“守られるべき弱者”ではなくなるのが、怖い。

もう、私は、水の流れに身をまかせなければ、何もできない。

よりすがるものがなければ、何もできない。


今日も私は、“依存”という流れに身をまかせて、ただよう。
私には、身をまかせてただようこと“しか”できない。

よりすがることから生まれる安心感と、自分で立ち上がる自立心は、共存できないのだ。
そして、よりすがることは、この上なく、、、、、甘露。



« 長かった棒と溶けゆく氷 | メイン | 小学校時代・1 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る