コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 不思議なプチストーリー > 使い終わりのセロハンテープ
« 森で跳ねる魚 | メイン | 夏のスイカ男 »
スポンサードリンク

使い終わりのセロハンテープ

【不思議なプチストーリー・25】
〜同情と罪悪感、そして自由〜

使い終わりのセロハンテープ
セロハンテープは、“芯”である円形の厚紙に巻かれている。

ここに、使い終わりのセロハンテープがある。
僕が今日まで使っていたセロハンテープだ。


セロハンテープを使い終わると、紙にくっつけられるためだけのセロハンテープが存在していることに気付く。
テープの根元に、厚紙の芯にくっつき続けているセロハンテープがあることに気付く。

その部分のセロハンテープは、巻かれるときからがんばっていたのだ。
がんばって、芯に、くっついていたのだ。

がんばる理由も分からず、「がんばる」という意味さえも理解できないまま、がんばって、芯にくっつき続けていたのだ。

テープを使うときも、もとをただせば、その“始めの部分のセロハンテープ”の功績で、使えたのだ。


セロハンテープも使い終わりになってしまった。

“始めの部分のセロハンテープ”が、いかにがんばっていたか…ということが、ようやく露見するときが来た。
しかし、そんなことをを気にとめるものはいない。
少なくとも、僕はこれまで気にとめたことはなかった。

“始めの部分のセロハンテープ”は、誰にも認められず、知られず、気にもとめられず、芯と一緒に捨てられる。

「セロハンテープが使える」、ということも、芯にくっついていた、あの、“始めの部分のセロハンテープ”のおかげだというのに。


僕にとって幸いなことには、“始めの部分のセロハンテープ”が、「がんばる」という意味を知らなかったことだ。
「貢献」も「功績」も「尽くす」も「明日のために」も「私のおかげで」の意味も、知らなかったことだ。

なぜ幸いかというと、僕は、“始めのセロハンテープ”がそういったことを知らないおかげで、使い終わりのセロハンテープを、罪悪感無しに捨てることができるからだ。
新しいセロハンテープを、気持ちよく使い始めることができるからだ。
できるはずなのだ。


なのに、ゴミ箱に捨てた、使い終わりのセロハンテープを、拾いたくなってしまうのはなぜだろう。

必要以上に、「早く忘れたい。」と願ってしまうのはなぜだろう。

なぜかは分からない。
ただ、これだけは分かる。

僕はもう、自由ではない。



« 森で跳ねる魚 | メイン | 夏のスイカ男 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る