コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 不思議なプチストーリー > 火のついたタバコ
« 消しゴムの嫉妬 | メイン | 純真な少年 »
スポンサードリンク

火のついたタバコ

【不思議なプチストーリー・16】
〜望まれた“同化”〜

火のついたタバコ
タバコは、灰皿の下にたまっている吸殻を見下ろしていた。

「まるで焼け野原のようだな。」
と、タバコはつぶやいた。

タバコは、自分の言葉におどろいた。
タバコは、“焼け野原”なんて見たこともなかったし、知りもしなかったからだ。

それは、人間の口から出た言葉だった。
タバコは、今、人間の口に吸われている最中だった。

「自分は、人間と同化しているのか…?」
少しの恐怖と嫌悪感、そして、好奇心が入り混じった心で、タバコはそんなことを思った。
タバコは、「人間は、煙を吸いたいと願っている。願われたから、自分は人間と同化しているのだ。」と気付いた。

タバコが人間と同化していると、体がじりじりと燃えた。
燃えて、燃え尽きて、灰になった。

タバコは灰になり、灰皿の“焼け野原”と同化した。

だが、タバコの心は、煙となり、空気と同化した。

人間の呼吸で起きる、わずかな空気の動きでも、空気になったタバコの体は少し引き裂かれた。

空気になったタバコは、氷の入ったグラスにもぐりこみ、涼んだ。
グラスには、わずかに残ったウイスキーと氷しか入っていなかった。

「やあ、ようこそ。」…とつぶやくように、グラスの中で、氷はカランと乾いた音をたてた。
空気になったタバコは、黙ったまま氷をつつみこみ、抱き込んで、“ひんやり”と同化した。
空気になったタバコと氷は、冷たく静かな2人だけの世界にひたった。

空気になったタバコは、「せめて、氷が溶けて消えてしまうまでは、あの風通しのいい窓を開けないでくれ。」と願い、この願いが、人間と同化してくれることを祈った。



« 消しゴムの嫉妬 | メイン | 純真な少年 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る