コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 不思議なプチストーリー > 闘牛の病気
« 空飛ぶエビ | メイン | サメとサーファー »
スポンサードリンク

闘牛の病気

【不思議なプチストーリー・4】
〜ブルータング病に負けない牛〜

闘牛の病気
スペインでは、ブルータング病が発生していた。
牛や羊が感染し、発熱などの症状と、舌が青くなってしまう病気だ。

闘牛もかなりの数が感染してしまい、スペインの闘牛会は、
「今期の闘牛大会は中止になるかもな。大赤字だ…。」
と、頭を抱えていた。


しかし、テレビ局は、その現象を“ネタ”として使うことを思いついた。
ブルータング病にかかった闘牛をアナウンサーと戦わせるのだ。

「弱った闘牛が相手なんだから、ひ弱なアナウンサーでも戦わせてみましょうよ。死にはしないでしょ。」
番組の企画者である、ウシウシ・コンツェルのお嬢様は、そう言った。


闘牛と戦うアナウンサーは、おとぼけキャラでお茶の間を和ませる、ストレィツォが選ばれた。
この闘牛場には場違いな人柄が、逆に大衆受けするとテレビ局はふんだのだろう。

「〜アナウンサーよ、質問を浴びせて闘牛を倒せ!〜」

…これが番組のタイトル。
ゴールデンタイムに2時間スペシャルだ。


=撮影当日=

朝、ストレィツォは、14度目のトイレから出てきた。
ひざはがくがくと震え、背中にはイヤな汗をかいている。

念のために補助として付いている闘牛士が、ストレィツォの背中を押す。
「大丈夫です。私が付いていますから安心してください。」

ストレィツォは、かすかにうなずき、ふらつきながら闘技場へと向かった。
そして、闘牛場の真ん中で、闘牛と向かい合った。

ストレィツォは、震える手で握ったマイクを、おずおずと闘牛に差し出した。
「闘牛さん…具合は…どう…です…か…?」

すると闘牛は…。

鼻息を吐き、ニヤリと口のはしをゆがめた。
目を細め、口を大きく開けた。
よだれをたらしながら、自らの長く赤い舌を口から出した。

赤い舌!
ブルータング病ではないのか!?


突然のことで、ストレィツォの補助をするはずの闘牛士は、剣を落としてしまった。
闘牛はすかさずそれを口にくわえ、闘牛士から赤いマントまで奪い取った。

闘牛自身が反対に闘牛士になるのか…? なら、闘牛になるのは…人間…?

ストレィツォは、わけも分からず、とにかく走って逃げ出した。

闘牛は、剣を口にくわえ、ハナ息をあらげ、好戦的な目つきでストレィツォをギラリと見据えている。

観客は、突然の事態にとまどっていたが、今は誰もがこの事態に興奮し、わいている。


その出来事を見ていたウシウシ・コンツェルのお嬢様は、カメラが回っているのを確認してから「うふふ」と笑い、こう言った。

「いい番組になりそうね。」



« 空飛ぶエビ | メイン | サメとサーファー »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る