コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 不思議なプチストーリー > 空飛ぶエビ
« 砂浜のヤドカリ | メイン | 闘牛の病気 »
スポンサードリンク

空飛ぶエビ

【不思議なプチストーリー・3】
〜ある日見つけた変なモノ〜

空飛ぶエビ
トシオが“それ”を見つけたのは、日曜日のお昼前だった。

普段なら休日は家でゴロゴロしている父親が、めずらしくトシオを散歩に誘った帰りだった。
家では、母親が昼食を作り終えるころだろう。

“それ”は、エビの形をしていた。
“それ”は、羽で飛んでいた。
“それ”は、目の前にいた。

「お父さん、あれ、なに?なんていう虫?」
トシオは手を引いている父親にたずねてみた。

「ん?どれだい?なんのことをいっているんだい、トシオ?」
父親は“それ”には気づいていなかった。
おかしなこともあるものだ、父親の視界に“それ”は入っているのに、気づかないのだ。

「お父さん、それだよ。その目の前に飛んでるヤツ!」
トシオは、父親が気づいてくれないのがもどかしくて、指差しして、少し興奮しながら叫んだ。

だが、父親は気づいてくれなかった。

家に帰ってきて、トシオは母親にも“それ”のことを話してみたが、まったく取り合ってくれなかった。
母親は、
「はいはい、そうなの〜。」
としか言ってくれなかった。

柴犬のポチにも話してみたが、
「ワン!」
としか言わなかった。


数日後…。
トシオが一人で遊んでいると、また“それ”を見つけた。

トシオは、はじめは興味を持って眺めていたが、先日、誰も取り合ってくれなかったのを思い出した。

トシオは、自分が“それ”を見えないということにした。
もちろん見えてはいるのだが、“見えない・見えていない”ということにした。

トシオは、自分が大人になったと感じた。



« 砂浜のヤドカリ | メイン | 闘牛の病気 »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る