コッパの漫画・イラスト・プチストーリー > 不思議なプチストーリー > 象のボクサー
« イラスト23・とある風景 | メイン | 砂浜のヤドカリ »
スポンサードリンク

象のボクサー

【不思議なプチストーリー・1】
〜もしも象のボクサーがいたら〜

象のボクサー
「ダウーン!!…ワン!ツー!スリー!…」

レフェリーがカウントを数えている。
数えても無駄だというのに。

なにしろ、倒れたボクサーは、白目をむき、体は痙攣し、口からよだれまでたらしているのだ。
気を失っているのは明白だ。
もはや立つことはできないだろう。

象のヤツは、今夜もすごいパンチ力を見せつけてくれた。
動きは鈍いが、パワーが違う。
半端なパワーじゃない。

先日の試合では、パンチを食らった対戦相手は、マウスピースごと歯がぶっ飛んだらしい。
戦慄の破壊力だ。


普通の選手なら、「頭突きは反則」なんて注意をもらうが、
象のヤツは、違う。

ヤツには、4万もの筋肉で構成されているという長い鼻がある。
米粒だってつかめてしまうという正確な動きで、力強く、しなやかに、うねり狂うのだ。
「頭突きは反則」なんていうのとは、レベルが違う。

そしてヤツには、牙もある。
あの象牙でひっかかれ突き刺されるのは、考えただけで恐ろしい。
しかも、拳に牙が刺さりそうだから、相手はうかつにパンチも出せないだろう。

レフェリーも、「象選手は総入れ歯にしてから試合に出てください。」とは言えまい。
凶器検査で牙を引っこ抜くことなんて、なおさら無理なはずだ。


今夜もこのダウンで勝負は見えたようだ。
レフェリーも、もうすぐK.Oを宣言するはずだ。

だがしかし、やれやれ、いったい誰がヤツに勝てるというのだ。

次の対戦相手は…、いや、生贄は、どの選手だろう…。



« イラスト23・とある風景 | メイン | 砂浜のヤドカリ »

スポンサードリンク
カテゴリ
TOPPAGE

【イラスト】
保安官
ドッグフードを食べる男
浮浪者
痩せた少女
飲んだくれ料理人
切り裂き料理人
手の早い男
手八丁になりたい男
沈黙の炉端焼き
いまどきっ娘
民族の女性
ナベッ娘
空間を壊した男
南国の少年
紳士
憎らしいガキ
魔女
富豪の子供
料理屋
夜道
月と太陽
カームくんの家
とある風景

【漫画】
もも太郎
モトボさん
にんじんくんとトマトくん
悩めるシカとブタ
考えるハカセ
喫煙者
踊るふたり
バカ王子と何もしたくない王様
それはそれは暑い日
誕生日ではない日
石ころ
雨が降った日

【不思議なプチストーリー】
象のボクサー
砂浜のヤドカリ
空飛ぶエビ
闘牛の病気
サメとサーファー
たこ焼き男のダイエット
がんばるイモムシ
悲しいアリ
ハートのエースが刺さった男
海辺のニワトリ
キノコマンの川下り
憂鬱に恐怖する大男
飛び降りたカメ
嘘つきな鏡とカメラ
消しゴムの嫉妬
火のついたタバコ
純真な少年
海をながめる海男
鋭い目
よく切れるハサミ
丸呑みヘビ
空を見上げるシカとブタ
走る忍者
森で跳ねる魚
使い終わりのセロハンテープ
夏のスイカ男
忘れられた本
長かった棒と溶けゆく氷
ただようマリモ

【自伝】
小学校時代・1
小学校時代・2
中学時代・1
中学時代・2
中学時代・3
高校時代・1
高校時代・2
高校時代・3
専門学校時代・1
専門学校時代・2

【リンク】
健康
筋トレーニング
ダイエット
美容
格闘技
スポーツ
生活
エンターテイメント
栄養
独立起業
学習・能力開発
ショップ

スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  コッパの漫画・イラスト・プチストーリー  ↑上へ戻る